嫌いな人は、徹底的に排除

若い頃の自分は、人に対しての、好きか嫌いかは100か0で、真ん中の普通というのはありませんでした。
どれだけ好きだ付き合った人でも、一つ嫌なところを見てしまっと、一気に気持ちが冷めてしまい、一瞬で全部が嫌いになってしまうので、すぐに別れを伝えて、相手の言い分などは一切聞かなかったです。
それは友人関係にも影響してしまっており、まだ話もした事がない相手でも、なんとなく見た目だったり、普段の行動を見ていて合わなさそうな人は、嫌いだと判断し、何かの機会でその相手と話す時があっても、一言も口を聞かなかったし、仲の良い友人の友達だとしても、平気で無視したりしていました。
高校一年生の時には、仲良くなった女子6人でいつも一緒に過ごしていたのですが、そのうちの1人の子のちょっとした言動で嫌いになってしまいました。
それも自分の事とは全く関係なく、友達の好きな人を好きになってしまったという事なのですが、その次の日から一切話さなくなりました。その子はいきなりの事で、他の子に相談して泣いていたようで、その相談を受けていた子から、何があったの?と聞かれた時に、ただ嫌いなだけ、と答えた自分がいます。
今でもその時の事はよく覚えているのですが、本当に冷たくて最低だったなと思っています。
でもその当時は、自分にとってプラスになるのか、損得を考えて人と接していました。
現在は子供がいるので、めんどくさいママ友付き合いはしていますが、大勢で集まっている時は見た目で合わないママとは目も合わなしないし、話もしません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です